【第97回甲子園】鳥羽高校キャプテン梅谷成悟主将の選手宣誓文と出身中学

スポンサードリンク

2015年8月6日、第97回全国高校野球選手権大会が開幕します。

今大会は甲子園100周年ということで、第一回大会優勝校である京都二中の流れを汲む京都代表鳥羽高校の梅谷成悟主将が選手宣誓をすることになっています。


【鳥羽高校】梅谷成悟の出身中学

京都府京都市立衣笠中の出身です。

小学校はクラブチームの金閣リトルタイガースに所属。

中学1年の4月~5月のみボーイズリーグに所属していましたが、以降は衣笠中の軟式野球部に所属しています。


身長は177センチ76キロ

右投げ右打ちの捕手です。


京都府大会の成績は

6試合出場 22打数13安打 10打点 得点6 打率5割9分1厘という凄まじい成績を残しています。勝負強さに磨きがかかりチームメートからの信頼も厚いとのことです。


スポンサードリンク

選手宣誓の文章について

1915年8月、第1回全国中等学校野球大会が開催されました。それから100年間、高校野球は日本の歴史と共に歩んできました。この100年、日本は激動と困難をのりこえて、今日の平和を成し遂げました。このような節目の年に甲子園で野球ができることを誇りに思い、支えてくださったすべての方に感謝しプレーをします。

 次の100年を担うものとして、8月6日の意味を深く胸に刻み、甲子園で躍動することを誓います。

 平成27年8月6日、選手代表京都府立鳥羽高校野球部主将・梅谷成悟

スポンサードリンク