【甲子園動画】大会3日目まとめ。清宮、敦賀気比校歌中断、ボールボーイ危機一髪ほか

第一試合(早稲田実6-0今治西)

第一試合は今大会注目No1の清宮幸太郎が登場。

朝8時の試合開始時には超満員のスタンド。

打撃結果は4打数1安打1打点で本人曰く20点の出来とのこと。

そんな清宮の甲子園初ヒットはこちら。

スポンサードリンク

第二試合(敦賀気比4x-3明徳義塾)

二試合目は春選抜優勝の敦賀気比と、甲子園夏16回連続初戦突破の明徳義塾。

序盤は明徳義塾が3点リードを奪うも、敦賀気比が追いつき、最後はサヨナラ勝ち。喜びのナインは校歌斉唱。ここで前代未聞の事件が。なんと校歌が中断してしまったのだ。戸惑う選手であったが観客の手拍子に支えられアカペラで歌い切る。

ちなみに、校歌中断の原因は火災報知器の誤作動により場内放送機器が停止してしまったとのこと。

スポンサードリンク

第三試合(大阪偕星学園7-3比叡山)

第三試合は、強豪大阪桐蔭を破って大阪代表を勝ち取った大阪偕星学園。主将の田端が大阪桐蔭の田端の弟だとか、監督の山本セキ氏がすごい経歴を持ってるとか話題の学校。試合は9回裏に比叡山が主将のタイムリーで追いつくなど好ゲームだったがこの試合の見所はこれ。初回大阪偕星の三塁線を破るヒットを、比叡山のボールボーイがなんと。。。

第四試合(下関商4x-3白樺学園)

第四試合は下関商と白樺学園の対決。前の3試合と比べるとちょっと地味だけど、これも延長戦突入の好ゲームでした。見所は雷で中断したとこと、最後のサヨナラヒットですね。


本日は以上!

スポンサードリンク