【智弁和歌山】高嶋仁監督が辞める理由はエラーか体調か?

大会4日目に三重の津商業と対戦し、4-9で敗退した智弁和歌山の高嶋仁監督が勇退の意向を固めているとのこと。

スポンサードリンク

写真出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

高嶋仁監督といえば、甲子園では監督として通算63勝を挙げており、これは歴代最多記録です。また春夏合計で3度も全国制覇を成し遂げています。

そんな、高嶋仁監督が今大会をもって勇退する意向を固めているとのこと。

しかし、智弁和歌山高校の理事会は引き止めしている様子。

スポンサードリンク

一部では辞める理由について、1回戦の津商業戦での失策の多さで堪忍袋の緒が切れたとの噂もありましたが、実は既定路線だったようです。元々体調面でも不安が多かったようで、近年は満足にノックを打つこともできなかった様子。

また、現在の3年生にはかねがね、「お前らの代で終わり」と告げていたため、引き止めは困難とも思われます。

尚、後任の監督は、元智弁和歌山野球部で慶応大からロッテで活躍した、喜多隆志副部長の就任が濃厚とのこと。

今後の動向から目が離せません。

スポンサードリンク