【鳥羽】身長148センチの伝令18番田村剛選手の出身中学

大会5日目の8月10日(月)に登場した鳥羽高校18番の田村剛選手が話題です。

田村剛選手は鳥羽高校のムードメーカーで伝令役を務めています。

スポンサードリンク

写真出典:http://mainichi.jp/

田村剛選手のプロフィールです。

田村剛 3年生 右投げ右打ち 148センチ 45キロ

背番号18

京都府京都市立深草中学校

3年夏の京都府大会では出場なし

中学2年の時に、大腿骨が壊死するペルテス病にかかってしまい、手術を3度も経験しています。医者からは野球はあきらめるよう言われました。諦めずに松葉杖で練習を続けた努力家です。

高校2年からプレーが可能になりましたが、厳しい練習は難しかった為、山田知也監督と選手の橋渡し役として裏方に徹しています。

鳥羽高校野球部は部員数81人。甲子園ベンチ入り18人は非常に狭き門ですが、その中で背番号18を勝ち取った田村剛選手の努力は想像以上のものであったと思われます。

京都府大会では重要な伝令役を任された田村選手。甲子園でもその役割を担います。「ベンチに入ることができなかった他の3年生の想いを背負って戦いたい。伝令では仲間を落ち着かせたい」と意気込みを語っています。

スポンサードリンク

8月10日の1回戦岡山学芸館戦でもピンチに伝令で登場。甲子園を沸かせました。その活躍はNHKニュースでも取り上げられています。鳥羽の田村剛選手。これからも目が離せません。

スポンサードリンク