【偽ラガー】8号門クラブと戦う増田優也の評判とは

大会7日目の8月12日(水)第一試合。東海大相模(神奈川)と 聖光学院(福島)の一戦。バックネット裏では異変が起きていました。中継画面後方のバックネット裏席にラガーシャツと蛍光色のキャップを被った男が二人映っていたのです。

一人はラガーこと善養寺隆一氏、もう一人は偽ラガーこと増田優也氏です。増田氏とは一体何者なのでしょうか。

スポンサードリンク

偽ラガーこと増田優也とは

本人のツイッタープロフィールによると、東海大相模高校のOBで専修大学法学部を卒業とのこと。高校野球の神奈川大会、特に東海大相模戦の観戦が趣味のようですが、これまでも度々騒動を起こしている様子。

<神奈川大会(東海大相模戦)でのトラブル>

神奈川県大会でも座席を巡ってトラブルを起こしている様子。

この時は、観戦チケットの転売疑惑のため警察が駆けつける騒ぎになったとのこと。

<昨年の甲子園(東海大相模戦)でのトラブル>

昨年の甲子園でもバックネット裏の席を巡って8号門クラブとトラブルになったとのこと。普通の格好で見る分には8号門クラブもそこまで反発しないと思うのですが、ラガーシャツに蛍光色キャップの格好でラガー氏を模倣していたところもトラブルの要因であったようです。

尚、今年(2015)年の様子はこちら。写真出典:web.crap.jp

スポンサードリンク

<高校野球ファンの声は>

偽ラガー増田優也氏の行動も全て正しいとは言えないものの、ラガーをはじめとした8号門クラブの行動を苦々しく思っている高校野球ファンも多い様子。

言うなれば、『毒をもって毒を制す』という状況でしょうか。

東海大相模の次戦は8月15日(土)13時からの第二試合。遊学館(石川)との対戦です。偽ラガーこと増田優也氏は参戦を予告しているようで、まだまだ目が離せません。

スポンサードリンク